自分、失敗を恐れずぶち当たろうと思います!

最近、自分の行動力が徐々に減ってきているのではないかと、危機感を覚えはじめている。

大学時代、それも就職活動を終えて、社会という未知の世界に大きな期待と希望を膨らませていた卒業までの1年間は、「とりあえずなんでも積極的にチャレンジしよう!」と常々思っていた。僕は優秀な人間ではないし、なんでもかんでもスマートにこなせる方ではないので、そんな僕が人より伸びるためには、「とにかく泥臭くどんどんチャレンジして、失敗から学ぶしかないだろう」と思ってました。「やりたくないな」とか「やってもどうせだめだろうな」と思ったら、「いかん、いかん。また弱気になってる」とか「自分に言い訳して逃げようとしてる」と思って自分を戒めて、逆にそんな自分をぶっとばすためにも「失敗してもいいからとりあえずやってみよう!」と思ってチャレンジしてました。

それがなんだか最近ちょっとイマイチだめなんです。なんか失敗を恐れて自分の周りに殻ができてきているような・・・。なんか気持ち悪いんです。ちょうど、長いこと運動してなくて、だんだん体にストレスがたまってきて、どことなく気持ち悪く思えてくるような感じで。

ついこないだ、街を歩いていると、競合がやっているお店がありまして、「お?これはちょっと偵察しておこう」と思ってお店の中に入りました。色々お店の中を眺めながら、どんなことをやっているのかなと見てまわって、フムフムと思いながらお店を後にしたんです。そのお店から5mくらい歩いたところで、ふと、「見るだけじゃなくて、実際に店の人に話を聞いてみりゃいいじゃん」と思いました。そして「確かにそうだ、見て分かったつもりになっていても、実際に生の人の声からの方が色んな有益な情報を得られるはずでしょ?」と思って引き返そうと思いました。

ちょうどその時、別の弱気な僕が頭をもたげて、「いやいや、どうせ聞いたって怪しまれて教えてくれやしないよ」、「もし競合ってばれたら、イヤな顔されて追い払われるぜ」「どうせ意味ないんだから、やめとけよ。それに今さらまた戻って行ったら、明かに店の人に怪しまれるし」と心の中でつぶやきます。

僕はまたまた「確かにそうだ」と思って、やっぱりそのまま立ち去ろうかと思いました。その時に思いました。「これって自分に言い訳して、失敗を恐れていいように逃げようとしてるだけなんじゃないか?」と。「確かに追い払われるかもしれないけど、追い払われたって、なんてことはないじゃないか。なにか損するわけじゃないし、辞める理由は何もないよな?やらないのは、ただ自分が恥ずかしい思いをするのがイヤなだけでしょ??」と思ったりして。

しばらくその場で、戻るべきか、去るべきか、優柔不断に悩んでました。しばらく悩んだあげく、そんな自分がイヤで、「とにかく行こう」と思いました。「一年前の自分だったらきっとこんなに悩まずにとりあえず行っていたはずだ」と。

で、思いきってお店に戻ったところ、なんのことはないあっさり色んな話が聞けました。「自分も同じ業種の人間でして、いろいろ勉強させていただきたいので、お話しできる範囲で構いませんので、ちょっとお話しうかがってもよろしいですか?」というと、「ええいいですよ」とあっさり。

いろいろと話を聞いた後に、お礼を言ってその店を出た時、とてもすがすがしい気持ちでした。ためになる話が聞けたことよりも、弱い自分になんとか打ち勝つことができたこと、それがとってもうれしくて。「やっぱり何事もやっちゃえばたいしたことないな」と、つくづく思いました。「案ずるより産むがやすし」とは、昔の人は良くいったものです。

今後はまた初心に戻って、「失敗をおそれずとにかくやってみる」というのをどんどん積極的にやっていこうと思った今日この頃です。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-10 06:14 | 新卒君の悩み
<< 流れを読む力 早起きのススメ >>