確実に彼女をつくる方法

学生から彼女を作る方法を教えてくれとよく言われる。実は、私は虎の巻を知っている。お見合いクラブなんかよりもよほど高い確率で彼女が確実にできる方法だ。


 女性というのは、基本的に、ある組織、グループで、最も「優秀」な男に対して好意を抱くという特性がある。この鉄則を利用すれば、戦略的に彼女をゲットする方法を作り出すことが可能となる。まず、「優秀」の定義だが、これはいろいろだ。例えば、人を愉快にさせる、おしゃべりが楽しい、リーダーである、頭が良い、など、領域はなんでもよい。とにかく、ある特定の領域で、「一番」になる必要がある。女性は「一番」が好きなのだ。例外はない。二番を選ばないのが女性なのである。

 さて、もう一つ、女性と仲良くなる秘訣がある。それは、「女性をゲットすることを目的にしない」ということだ。実は、女性と仲良くなるためには、何か(別の)共通の目的をもって、それに向かって「一緒に」ガンバルということをすることで、その「結果」、女性は、あなたの中の「優秀さ」に惚れるのだ。だから、反語的だが、彼女を作るためには、「彼女作りとは別の目的」を設定しなければならないことになる。

 以上、まとめると、何でも良いので、女性が沢山集まりそうなコミュニティー、サークル、習い事に参加し、その分野で自分が最も優秀であるような状況を作り出すこと、となる。例えば、私であれば英会話スクールを思い浮かべる。私は英会話には自信があるので、その辺のスクールに行けばおそらくかなり目立つだろうと思う。みんな、英会話を学ぶという「目的」に向かってがんばっている。何度か通っているうちに、みんなで食事に行く機会もでてくるだろう。もし、あなたが、クラスで目立っていれば、間違いなく、そのコミュニティーは「買い手市場」(あなたが女性を自由に選べるポジション)になるだろう。

 私のように、テニスや英会話ができない、という人にも奥の手がある。例えば、お料理教室やイタリア語など、男が集まりそうにない(しかし、女が集まりそうな場所)場所に出向いて、ちょっとドジをしながら、かわいさを演出するのだ。例えば、お料理教室にあなたが(男)が通えば、間違いなく周りの女性は興味をもってあなたを見るだろう。あなたは、お料理がうまくできなくても、人柄、冗談などで周りを明るくし、「いや〜、これからの男はお料理ぐらいできないとダメだと思って」と恥ずかしそうに、隣の女性に「ちょっと教えてください」と言えばよい。この場合、戦略的には、女性しかいないコミュニティーに現れることで、珍しさを演出し、間接的に「優秀である」(他の男と違って、しっかり家庭的なところに意識を持っていると伝える)を演出するのだ。

 このように、頭を働かせれば、「特定の組織、コミュニティーで最も優秀になること」を作り出すことは可能なのである。さて、ここまで書いて、合コンやお見合いがいかに、無駄であるかということがおわかりだと思う。まず、合コンやお見合いは、そのイベント自体が、相手をゲットすることと等しい。つまり、虎の巻その1,女性と仲良くなることそのものを目的とせず、他の目的を達成する課程で仲良くなる、という公式に不整合が生じてくるのだ。さらに、お見合いは一対一だ。女性は、「他と比べて」優秀な人に行為を抱くのであって、そこでも不整合が生じるのだ。つまり、合コンなどいくら繰り返しても、彼女はできないと肝に銘じてもらいたい。合コンで成功する人は、そんな努力などしなくても自然に女性が集まってくるイケメンぐらいだろう。我々とはほど遠い世界である。

 まとめよう。彼女が欲しければ、お料理教室、英会話などのカルチャースクールに行くべし、というのが私のアドバイスだ。私はこの理論に相当の自信をもっている。
[PR]
by fri2005 | 2005-04-10 21:25 | 新卒君の悩み
<< 中国反日デモを考える ただ今、考え中です >>