カテゴリ:未分類( 1 )

面接必勝法(HOW TO 本を読まないという差別化)

最近、学生の方たちと模擬面接をしていて感じたことがある

《最悪なケース》
私「あなたの志望動機をお聞かせください」
某学生「御社はグローバルなビジネスを展開されており・・・」
(私の心の中)
「また、こんな概念的なはなしか・・・・みんな同じことをいうな・・・
10人とも同じような答えでなにがこの人たちの個性なの?
どうしてウチに入りたいの?」

みなさんはこうなっていないだろうか?
志望動機、自己PRにしろ、企業のホームページに書いていることや
面接のHOW TO本に書かれていることを羅列して話ても他の学生より
劣りはしないが・・・勝ることもない。
また会社の人事担当はこのようなやり取りを何百人ともやっているので
みんなの顔が同じに見えてくるはずである。

《よいケース》
私「あなたの志望動機をお聞かせください」
某学生「私は御社の出されている××のユーザーでもありますが、××製品は
とても使いやすく愛好者の一人です。この製品を作ることにどうしても携わりたい
消費者の気持ちをもったまま開発をさせていただきたいのです。理屈ではなく
すきなのです。。。また御社はグローバルなビジネスを展開されており・・・」

自分の視点を背伸びしないで相手につたえ、
その後企業研究の成果を発表すれば大きな、他の学生との差別化や
人事担当者へのアドバンテージとなるであろう。

みなさん?
就職活動を難しく考えていない?
自分の気持ちを素直に伝えれている?
人事担当者が学生と何百人とあっていてどんな回答を聞いているのか
想像した?

まず、相手の気持ちを考えたうえで、自分の気持ちをきっちりとつたえよう!!
[PR]
by fri2005 | 2005-01-09 00:07