<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やっちゃいけない?

仕事をしていると、日々課題に遭遇する。あっちから「こんな問題あるんですけど」とか、こっちから、「はやくこれ解決しないとな」とか、聞こえてくる。そんな時、経験の豊富な人は、5秒で「なにいってんだよ。直ぐやれよ!」と解決案をさっと出すことができる。大したもんだな、と感心していたのは、僕がペイペイの時だった。

 ちょっと自分が成長して、いろんな会社の問題を見ていくことになったとき、あまりに問題が複雑に絡み合っているのを見て驚くことが多い。その原因は、まったく予想もつかないところにあったり、ちょっとしたことが問題を引き起こしたり、本当に、問題解決って絡まった糸をほぐすようなもんだ。

 そこで、「5秒で感じる解決案」の問題点が見えてきた。つまり、よかれと思ってやったことが、隣の部署で違う問題を引き起こす。こんなことを防ぐためには、その問題が、他と「排他関係」にあることが、キッチリ分からないとダメなんだ。排他関係というのは、それ自身が独立していて、他に影響が与えない、または、影響の与える範囲がしっかり見えている状態を言う。だって、見えていないと、5秒で考えたことが、50年かかっても解決しない問題を引き起こすことってあるじゃない?

 なるほど、ロジカルシンキングでいうMECEって、そういう力を養う(お互いに排他的な関係に分類する)ことなんだと初めて分かる。そう、ロジカルシンキングって、問題解決にとっても大事なスキルなんだ。そう考えると、昨日受けたコンサルのトレーニングを思い出す。本当に、あの講師、そういうことまで分かって教えているのかはなはだ疑問だと思う。あの講師って、HOW論ばかり言って、論理パズルみたいな問題ばかり演習でやらせていた。そんな本質的でないトレーニングやったって、いわゆる「分類君」の大量生産がはじまるだけ。

 分類君って、なんでも分類する人のこと。目的と手段が分かっていない、なんちゃって論理君だ。フレームやツールってすごく大事だけど、ベースとなる本質的な力、つまり、洞察力(なにが本質なのか)を見抜くちからなくして、フレームに頼るとこういう人が大量生産されるんだよね、って感じる今日この頃だ。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-31 01:53 | 新卒君の悩み

メーカーの論理

僕はとあるメーカーに勤めるしがないサラリーマンである。会社で働いていると、「どうしてもっとうまいこと組織運営ができないんだろうか?」とつくづく思う。「もっとこうしたら良いのに」とか、「ここはこう変えたほうが明かに効率的じゃないか?」とか、日々、思うことが多々ある。会社とは、なぜこうもおかしなことがはびこっているんだろうか?

そんなことを思いつつ、今日は「メーカーの論理」というテーマについて考えてみたい。

先日、営業マンと一緒に会社の色んな商品を、ある企業の設計担当部の人のところに営業しに行った。相手の人はかなり優秀なビジネスマンのようで、こちらの提案に対して、良し悪しや注文点などを端的に、かつ、率直に提示してくれた。こちらとしても、しっかりと自社の商品の長所と、その一方で足りない部分などを話をしながら、かなり有意義な会合となった。その際、その人から、さまざまな有益な注文をもらった。「この商品については、顧客はこういう用途で使うので、この機能は削って、逆にこういった機能をつけて、もっとシンプルにしたらウケると思いますよ」とか、「この商品については、現状ではデザイン性を重視したものはどのメーカーも出していないけど、今後は、そういったニーズは高まるので、ぜひ、そういったものを開発してくださいよ」とか。

顧客の声を反映させた商品開発を行なうためには、こういった情報は大切にしていかないと!と思い、会社に帰って、その商品の担当部署にこの大事な情報を教えてあげようと思い、さっそく電話で連絡をした。「もしもし、営業担当のものなんですけど、お客さんからこの商品について、こういった要望を聞いたんですけど…」と話をすると、意外にも、あまりにもそっけなく、「そうですか」と。「今後の参考にさせていただきますので、ありがとうございます」とさっさと電話を切られてしまった…。どうやら、こういった電話は、先方にはあまりうれしいものではなかったらしい。明かに、「めんどくさいことを言いやがって」という風であった。

僕はつくづく「メーカーの論理」というものを感じた。要は、メーカーというのは、作ったものを売るのが先決なのである。いかに作ってしまったものを、売りさばいてしまうか。それがメーカーにとって最も大切なことなのである。そこに、「顧客にとってより良いもの」という意識は希薄である。もちろん、「作ったものをきちんと売る」という考えはビジネス行なっていく上で、当然の考えで、慈善事業ではないのだから、企業が儲かるために最善の選択をする。そして、その最善の選択が今ある商品をとにかく顧客に売る。という考えもわからなくはない。

しかし、長期的な視点になって考えれば、上記のようなやり方が破綻してしまうのは明らかだ。競合間の競争は激化し、市場には似たような商品があふれ、商品のライフサイクルは短くなり…と、作り手の立場はますます弱まり、逆に買い手の立場は高まるばかりである。これからの時代、顧客にそっぽを向かれた企業が生き残っていくことは、これまで以上に厳しくなってくる。だからこそ、今後はすばやいマーケティングなり、それにもとづいたすばやい商品開発なりが重要になってくるのだと思う。

「メーカーの論理」とは、そんな市場の流れとは相反する姿勢だと思いながら、しがないサラリーマンは今日もせっせと今ある商品を営業しつづける(笑)。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-30 00:28 | 新卒君の悩み

キャリアって..

キャリアって、英語で「背負う」という意味。だから、キャリアアップというのは、過去を否定して自分が背負ってきたものを全て捨てても達成できない。過去の積み上げの上に、キャリアアップはあるんだ。

キャリアを積もうと思ったら、戦略的に仕事を選ばないといけない。だから、最初に就職する会社ってすごく大事なんだと思う。これからは、転職が一般化するだろう。僕ももう二回も転職した。そして、転職して良かったと思っている。転職して成功するケースは、今まで背負ってきた経験や実績を次の職場でキッチリと活かしているかどうか。今の会社が嫌だから、最初からリセットする、みたいなノリでは絶対に成功しない。だって、新しく入る会社には、あなたよりも何年も前からその仕事に集中していた人が沢山いる。あなたが、中途で輝くためには、それらの人よりぬきんでたものがないとダメなんだ。それ専門に何年も仕事をしてきた人以上に、高いパフォーマンスを出すなんて。。考えれば考えるほど、キャリアって連続性が大事なんだろうと思うL

さて、そう考えると、最初に就職する業種は、できるだけ汎用的な方がいい。最初から非常にニッチな、そして、専門的なところにいくのも一つの手だが、そういうケースは、その中でしか生きていけなくなる。年齢が上がれば上がるほど、抜けられなくなる。それを覚悟で、その道のスペシャリストになるのであれば、良い選択だと思う。しかし、将来の夢が、今の仕事と明らかに違う、今の仕事の延長線上に自分の将来像が見えない場合は、できるだけ早い時期にキャリアを練り直すべき。そう考えると、金融、商社、広告、コンサルなんて学生に人気なのがよくわかる。これらの業種はどれも、汎用的、いわゆる「つぶしが利く」からだ。

だけど、逆に言えば、みんな迷っているということの裏返し。よく分からないから、今はいろんな選択肢を選べるポジションに身を置こうということだろうか。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-28 00:28 | Career

それじゃあ人は動きません

「人を動かす」って本当に難しいことですよね?
今日は「人を動かす」というテーマを取り上げてみたい。

僕は現在、会社で研修を受けている。その研修の一つにグロービスの講座を受けるというのも含まれていて、会社の何人か月に1回くらいの頻度で集まってグロービスの講師を中心にケーススタディ形式で丸一日かけて勉強している。
その講座には毎回、莫大な量の課題が出る。グロービスのMBAシリーズのうち、「今回はマーケティング」とか「今回はアカウンティング」とかという感じで本を渡され、読んで来いと言われる。さらに、分厚い教科書のようなケースも渡されて、そこに書いてあることを全部読んだ上で、そこに書かれている内容を整理、分析した上で、「自分ならどのような意思決定をするか?」と言ったような課題に取り組むように言い渡される。日々の仕事をやりながら、それ以外の時間でそれらをすべてやっていくのは本当にたいへんだ。案の定、僕らの多くは全てが終わりきらず、当日になっても課題が終わってない面々が毎回かなりいた。

そんなことが度重なり、ついに人事がキレた。「お前ら!高い金払って研修を受けさせているのに、やってこないとは何事か!もうちょっと真剣にやれ!!」と。もっともな意見だと思った。研修は課題をやってきているものとして進行するので、課題をやっていないと研修の効果は半減する。課題をやらないということは、時間もお金も無駄に使ってしまっているということになる。社会人にもなってそんなことを注意されるというのは、恥ずかしい限りだ。その後は、事前の課題提出に対する取締りが厳しくなり、提出していない人には人事部の方から催促のメールが届くようになった。

その結果、どうなったか? みんなきちんと事前に課題に取り組むようになったか?答えは「No」だ。結局みんな「やらなきゃとは思っていたんだけど、どうしても時間がなくて…」と

その時僕は思った。人は締めつけるだけでは動かないと。「やれ!やれ!」、「やらないといたい目にあうぞ!」と脅したところで、結局のところその効果は限られている。人は後ろからお尻をたたくだけでは動かないのだ。

FRIでも河合さんが良く言っているが、人を動かすには「必然性」と「効用性」と「実現可能性」が大切らしい。まったくその通りだと思う。
「必然性」というのは「やらなきゃいけない」と脅すこと。「効用性」は「これをやったらこんな良いことがあるよ」とか「これをやったらこんなご褒美をあげましょう」ってやることの価値を教えてあげること。「実現可能性」は「これをやるには、こういう風にやったらできるよ」とやり方を教えてあげること。

これら3つを時と場合によってうまく使い分け、うまく組み合わせながら人の「やらなきゃ!やりたい!やれる!」といった気持ちをうまく引き出して、その気にさせて動かすことが必要不可欠なんだと思います。
だってそうですよね??時間や労力の問題から、現実的に不可能なことを、いくら「やれ!」とか「やったらこんなにいいことがあるよ!」と言ったところで無理なもんは無理だし、それをやることにまったく価値を感じてない人に、「やったらこんなにいいことがあるよ!」と言ったところで、鼻で笑われるだけだし。

要は、相手がどんな状況にいて、相手にとって「必然性」・「効用性」・「実現可能性」のどれを伝えれば一番インパクトがあって、動く気になってくれるか、それを常に意識して、ケースバイケースで対応していくことがとっても大切なんです。

とっても単純なことですけど、意外とみなさんも、なんでもかんでも「やれ!やれ!」言ってません? でもそれって、何の解決にもなってなかったりするのではありませんか??
[PR]
by fri2005 | 2005-03-19 14:02 | その他いろいろ

流れを読む力


戦略とは「流れを読む力」ではないかと思います。

たとえば、「経営戦略」ってありますよね? あれも要は「流れ」つまり「変化の方向性」を読むことだと思うわけです。

企業を取り巻く環境が、これまでと同様に好環境で、企業の内部もうまくいっていて、業績自体も好調で、今後もその流れが全く変わらなければ、経営環境分析やら経営戦略立案やらは必要ありません。何も考えず、今までと同じことを同じようにやりつづければ良いわけです。

でも、実際問題そうじゃない。企業を取り巻く環境も、企業自身も刻一刻と変化しつづけている。自社を取り巻く周りの環境がだんだん変わってきたとか、これまでは変わらなかったけど、将来的にあともう少ししたら変わってきそうだとか、同様に、自社自体の組織的、人材的、オペレーション的なものが変わってきたとか…。
だから、「一体何が変化しているのか?」、「どうして変化しているのか?」を分析して、「それらの変化に対してどのような打ち手を打って、どのような方向性に持っていきたいかを決める」ということが必要になるわけで、それが経営環境分析であり、経営戦略なのです。

『変化』のあるところに『戦略』あり
そういうことではないでしょうか?

じゃあその『変化』をどうやって読むか?というと、いくつかの要素に細かく分解していくことが必要になります。
『変化』というのは、色んな力が総合的に影響を及ぼした結果ですよね?それってちょうど、中高時代にならったベクトルの考え方に似ていて、ベクトルaとベクトルb、ベクトルc…の総和のベクトルZが全体の変化の方向性になるみたいな。と言うことは、経営戦略を立案する上で重要なのは、環境分析の部分で、しっかりとその『ベクトル』を正しく洗い出し、その総和のベクトルZの精度を上げることになるわけです。
そういった、さまざまな要素となるベクトルの総和としての『変化の方向性』を読む力というのが戦略の良し悪しを左右することは間違いありません。

これからの時代、プロフェッショナルなビジネスマンになるためには、これらの『流れを読む力』が必要不可欠になりそうです。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-17 12:29 | その他いろいろ

自分、失敗を恐れずぶち当たろうと思います!

最近、自分の行動力が徐々に減ってきているのではないかと、危機感を覚えはじめている。

大学時代、それも就職活動を終えて、社会という未知の世界に大きな期待と希望を膨らませていた卒業までの1年間は、「とりあえずなんでも積極的にチャレンジしよう!」と常々思っていた。僕は優秀な人間ではないし、なんでもかんでもスマートにこなせる方ではないので、そんな僕が人より伸びるためには、「とにかく泥臭くどんどんチャレンジして、失敗から学ぶしかないだろう」と思ってました。「やりたくないな」とか「やってもどうせだめだろうな」と思ったら、「いかん、いかん。また弱気になってる」とか「自分に言い訳して逃げようとしてる」と思って自分を戒めて、逆にそんな自分をぶっとばすためにも「失敗してもいいからとりあえずやってみよう!」と思ってチャレンジしてました。

それがなんだか最近ちょっとイマイチだめなんです。なんか失敗を恐れて自分の周りに殻ができてきているような・・・。なんか気持ち悪いんです。ちょうど、長いこと運動してなくて、だんだん体にストレスがたまってきて、どことなく気持ち悪く思えてくるような感じで。

ついこないだ、街を歩いていると、競合がやっているお店がありまして、「お?これはちょっと偵察しておこう」と思ってお店の中に入りました。色々お店の中を眺めながら、どんなことをやっているのかなと見てまわって、フムフムと思いながらお店を後にしたんです。そのお店から5mくらい歩いたところで、ふと、「見るだけじゃなくて、実際に店の人に話を聞いてみりゃいいじゃん」と思いました。そして「確かにそうだ、見て分かったつもりになっていても、実際に生の人の声からの方が色んな有益な情報を得られるはずでしょ?」と思って引き返そうと思いました。

ちょうどその時、別の弱気な僕が頭をもたげて、「いやいや、どうせ聞いたって怪しまれて教えてくれやしないよ」、「もし競合ってばれたら、イヤな顔されて追い払われるぜ」「どうせ意味ないんだから、やめとけよ。それに今さらまた戻って行ったら、明かに店の人に怪しまれるし」と心の中でつぶやきます。

僕はまたまた「確かにそうだ」と思って、やっぱりそのまま立ち去ろうかと思いました。その時に思いました。「これって自分に言い訳して、失敗を恐れていいように逃げようとしてるだけなんじゃないか?」と。「確かに追い払われるかもしれないけど、追い払われたって、なんてことはないじゃないか。なにか損するわけじゃないし、辞める理由は何もないよな?やらないのは、ただ自分が恥ずかしい思いをするのがイヤなだけでしょ??」と思ったりして。

しばらくその場で、戻るべきか、去るべきか、優柔不断に悩んでました。しばらく悩んだあげく、そんな自分がイヤで、「とにかく行こう」と思いました。「一年前の自分だったらきっとこんなに悩まずにとりあえず行っていたはずだ」と。

で、思いきってお店に戻ったところ、なんのことはないあっさり色んな話が聞けました。「自分も同じ業種の人間でして、いろいろ勉強させていただきたいので、お話しできる範囲で構いませんので、ちょっとお話しうかがってもよろしいですか?」というと、「ええいいですよ」とあっさり。

いろいろと話を聞いた後に、お礼を言ってその店を出た時、とてもすがすがしい気持ちでした。ためになる話が聞けたことよりも、弱い自分になんとか打ち勝つことができたこと、それがとってもうれしくて。「やっぱり何事もやっちゃえばたいしたことないな」と、つくづく思いました。「案ずるより産むがやすし」とは、昔の人は良くいったものです。

今後はまた初心に戻って、「失敗をおそれずとにかくやってみる」というのをどんどん積極的にやっていこうと思った今日この頃です。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-10 06:14 | 新卒君の悩み

早起きのススメ

僕はとっても早起きです。中高時代は寮生活で、毎朝6時に起床でして(笑)。その癖で今だに朝はとっても早起きです。その代わり夜はとっても弱いんですけど、朝早起きすると色んないいことがある。最近では、「成功する人は早起きだ」、「朝10時までに終わらせる仕事術」とか、早起きを薦める本なんかもたくさん出てるし。ということで、今日は僕の朝をご紹介します。


①朝、目覚ましがなる(最近は毎朝5時半です)
最近の携帯の目覚ましはなかなか高機能で、何分かごとになり続けるんですね。無理やりたたき起こされます。

②カーテンを開け、天気をチェック。そして背伸び
最近はだいぶ朝日が昇るのが早くなってきて、朝起きるとだいぶ空が白んできているけど、ついこないだまでは朝起きても外は真っ暗だったりして、ちょっとブルー。

③柔軟、筋トレ
ここがミソ。朝起きたらまずは柔軟。前屈やら股関節やら体を伸ばして目を覚ます。ついでに最近は体を鍛えようと思って腹筋や腕立てなんかをやってます。これやったら一発で目が覚めますよ(笑)。

④メールチェック+読書
顔を洗って、歯磨きを済ませてから、メールを読んで、本を読む。1時間弱くらいかな。

⑤ご飯を食べる
7時前くらいに朝ごはんをもりもり食べて、今日一日のエネルギーをゲット

⑥スーツに着替えて出社
ネクタイ締めるとピシッと「今日も一日がんばるか」と気合が入るのはほんと不思議ですよね。この頃になると、朝日もだいぶ昇っていて、朝のまぶしい日差しを浴びながらちょっと幸せな気持ちに浸りつつ家をでる。

⑦電車で読書
会社まで1時間くらいかかるので、電車の中では毎日読書。通勤電車の中って妙に落ち着けて、集中して本が読めるので、僕はけっこう好きです。「もうちょっと読みたいのに」と思いつつ電車を降りる。

⑧仕事準備
会社にはいつもだいたい始業の1時間くらい前に着くので、あんまり人のいない静かなオフィスでゆっくりと仕事の準備。会社のメールを読んだり、今日のスケジュールチェックをしたり、じょじょに体を仕事モードに切り替えて。

・ ・ ・


とまあ、毎朝こんな感じです。朝早起きすると、朝に集中していろんなことができるので、僕はとってもいいと思ってます。最初は朝起きるのしんどいけど、3日がんばって無理やり朝早起きしてたら、だんだん体も慣れてきて、そんなに苦じゃなくなります。
興味を持たれた方は、ぜひ明日からがんばってみてください。
ちょうど明日は月曜日ですし。
[PR]
by fri2005 | 2005-03-06 23:06 | その他いろいろ