「LOHAS生活」

最近、「LOHAS(ロハス)」という言葉が女性誌の中で流行っているらしい。
皆さんはご存知だろうか。

その意味は、ストレスをためない生活、地球に優しい生活、というくらいのものしかない。Lifestyle of Health and Sustainability=持続可能な健康的生活、が原義。

地球に優しい生活、ということは、私にとってはケチケチ倹約生活、ということにつながっている。例えば、外出するとき、プラグを全部抜いて出て、待機電源OFF。これだけで月に約500円の電気代節約だ。世の中には、電気の無駄遣い削減。
ペットボトルも再利用。120mlペットボトルを飲みきったら、水筒代わりにして持参。これだけで、飲み物代が浮く。そしてゴミも削減。こんなことするくらいだったら買ったほうがいい、と言われることもあるが、慣れてくると中々楽しい。家にあるものはなるべくリサイクルしようとするので、あまりゴミもたまらない。
モノを何か買うときも、これを買ったらどのスペースに置くか、代替品はあるか(あれば、それは破棄。)、などと考えて買うので、結果として衝動買いを防ぐことにもつながった。

たくさんの洋服や本を買い、やたら飲み会に行き、お金を使う事それ自体に満足していたことがあった。お金を使ってストレスを発散する。しかし、根本的な解決になっていないため、余計にストレスがたまる結果となる。
逆に、少し立ち止まって、マイペースの倹約生活をしていると、何もしていないがストレスもそんなにたまらない。時間的余裕、体力的、金銭的に無理のない生活をしているからだ。

自分が本当に何を欲しているのか、内側の声に耳を傾けることも必要なのではないだろうか。がーっと突っ走るのは若いうちにしかできないけれど、たまには自分のために時間を使って、ゆったりと過ごしてみてはどうだろうか。
[PR]
by fri2005 | 2005-05-06 22:18 | その他いろいろ
東男と京女 >>