スピードを上げる

FRIの人って、みんなとっても仕事のスピードが速い。毎日メールもバシバシ飛んできて、話はどんどん進んでいく。僕にはついていくのがやっとだ。その上各自がFRI以外にも色んなことをやっていて、いつも「みんなほんとに寝ているのかな?」と思ってしまう。
みなさんの周りにも、「あの人めっちゃ仕事が速いな」って人がいると思う。そんな時、「あの人なんであんなに速いの?」、「どうしたらあんなに速く仕事ができるの??」って思いません?僕はいっつもそう思ってます。そして、「自分にもあのスピードが欲しいな」と。

今日はそんな彼らの「スピード」を盗み取るべく、その秘密について考えてみた。

かく言う僕も、「ちょっとオレって仕事速いかも?」って思うときもある。なんか乗ってる時ってありますよね??最近仕事もそれ以外の色んな作業もちゃんとテキパキこなせて、なんかいい感じって時が(笑)。
逆に、なんだか何やってもうまくいかない時も良くある。がんばってやろうとしてるし、実際時間も結構かけて取り組んでるんだけど、なかなか色んなことがきちんと終わらなくて、時間ばっかり過ぎている。でもどれもなかなか片付かない。そんな時は、精神的にも体力的にも疲れてきちゃって、だんだんやる気も落ちてきて・・・。「なんかも~どうでもいいや」と投げ出したくなる。

この、「いい時」と「悪い時」の違いって何なんでしょうね?たぶん、 「やらなきゃならないことをすぐにやっつけてしまうことができているかどうか」ってことじゃないかと思う。乗ってる時って、やるべきことがちゃんと見えていて、それに全精力を注いでスピーディに終わらせて、一つが終わったら、その次って感じで、一つ一つの仕事や作業に対して集中して短時間で終わらせて次に行くっていう良いサイクルがうまいこと回っている。逆に、上手くいかないときって、「あ~、あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ・・・」ってことがたくさんたまってて、「ちょっとこっちに手を出してたと思ったら、あっちもやっぱり気になってつまみ食いしたりして・・・」とあれもこれもに手を出して、結局何も終わっちゃいないみたいな。
要は効率が悪いんです。悩んだり、同じことを考え直したり、前の作業を思い出したり、ぼ~としたりという無駄な時間を浪費してるんでしょうね。だからちっともスピードがあがらない。

「でもそれが分かったところで、結局どうすりゃいいの?」って思ったりしているそんなあなたに、今日は一つご提案を。やらなきゃいけないことは、とにかく発生した時点でさっさと取りかかって終わらせてしまってはどうでしょう?僕自身の行動を振り返ってみて、「ちょっとこれやんなきゃいけないけど、後でやろう」とか「後で考えよう」とかいうのはあんまり上手くいかないみたい。後で考えることに意味があるならいいけど、結局そういうのってただの「問題の先送り」でしかないことが多い。そうすると時間が経つにつれて、先送りされた問題たちが増えてきて、山積みになってくる。そうなるともう終わりで、何から手をつけていいかわからず、でも山は容赦なく僕の背後からプレッシャーをかけてきて・・・。僕の体力と精神力をすり減らしていきます。
そう考えるとやっぱり、問題を山積みにすること自体がスピードを遅くする原因であり、つまりは、「問題の先送り」が主悪の根源なのではないかと思うわけです。

たぶん、みなさんも心当たりがあるはずです。上手くいっている時って、ちゃんとやるべきことにかたがついていて、新しい仕事ややるべきことが出てきたら、それに集中して取りかかれる。集中できるから、さっさと終わらせられちゃって、また元のかたがついている状態にもどる。そんな良いサイクルをグルグルまわしている状態が、仕事のスピードが速い状態なんだと思います。仕事のスピードの早い人はみんなそうなんだと思いますよ。

もしみなさんがもっとスピードを上げたいと思っていて、かつ、「問題の先送り」の症状が出ているなら、まずそれを無くすことから初めてみてはどうでしょうか?とりあえず、目先のエントリーシートを先送りせずに、一つ一つさっさと終わらせてしまうとか。
[PR]
by fri2005 | 2005-01-20 23:33 | その他いろいろ
<< キラーワード バラードが好き >>