コミュニケーション能力の向上

みなさん、人とのコミュニケーションで不安に思ったことはないだろうか?「僕って、きちんと人とコミュニケーションが図れているんだろうか?」、「私って、他の人と比べて、コミュニケーション能力に問題があるんじゃないかしら?」と。

最近、ひょんなことから人とのコミュニケーションの取り方について、一つの「心掛けると良いこと」を学んだ。それは至って単純で、聞いたら明日からでもすぐ出来て、かつ、とっても人とのコミュニケーションを円滑にしてくれる、とってもありがたいものだ。今日は、その「魔法の技術」を特別にここに公開しよう。

それは、「相手の話をさえぎらない」、「相手の話を最後まで聞く」ということだ。

みなさん、なんだそんなことかと思っただろうか(笑)?そう、なんのことはない、私が気付いてみなさんに伝えたいことは、ただそれだけのことだ。しかし、みなさん、そんな単純なことをできているだろうか?意識して、そうしないようにしているだろうか?「人の話をさえぎらない、最後まで聞く」ということの効力に気付いてからというもの、私はいろんな人と話しているとき、誰がきちんと人の話を最後まで聞き、誰が人の話をさえぎっているかということを常に意識しながら色んな人と話している。すると、なんと人の話をさえぎる人の多いことか。私の見た限り、人が話をしている途中に割って入って、自分の意見を言う人はごまんといる。みなさんは、そうなっていないだろうか?自分自身を見返してほしい。そして、あなたも色んな人と会話をする時、客観的にその会話のキャッチボールを眺めてほしい。

どうやら人は、自分の話をさえぎられることに非常に強いストレスを感じるらしい。また、さえぎられた上に、全く違う話に持っていかれて、自分の話したいことを結局最後まで話せなかった時のストレスはその比ではない。
人には、話したいことというのがある。人が話すのは、自分が話したいという欲求を満たすためなのである。人は、自分の話したいことをすべて話せたときに強い満足感を感じ、逆に、話せなかった時に、強いストレスを感じるのだ。
みなさんも想像して欲しい。あなたは、自分の話したいことを全部洗いざらい話せたとき、とってもすっきりするだろう。逆に、そうじゃない時は、とっても物足りなさを感じるはずだ。

相手と有意義なコミュニケーションを取り、良好な人間関係を構築したいと思うなら、まずは、「相手の話をさえぎらない」ということを心掛けてみよう。相手の「話したい」という欲求を満たしてあげ、それから自分の意見や考えを話すようにしよう。きっとそれだけで、人とのコミュニケーションがビックリするくらいうまくいくはずだ。

ぜひ、明日から試してみることをお勧めする。
[PR]
by fri2005 | 2005-02-01 20:04 | その他いろいろ
<< OB訪問の良し悪し FRI 最大のイベント Win... >>