2005年 05月 03日 ( 1 )

東男と京女

 昔から東男と京女は相性が良いと言われている。東男というのは東京の男、つまり、クールで都会的な男性だ。一方、京女というのは関西系で明るいが京風のおしとやかな一面も持つ女性である。確かに、クールで知的、スマートな男性と一緒に歩く明るくて古風な女性は、想像しただけで絵になる。低いヴォイスの関東弁と優しい関西弁の組み合わせは、二人を幸せの絶頂に導く可能性が高い。

  一方、これを逆にしてみたらどうなるか。京男と東女という組み合わせだ。どこかヒョウキンで、保守的な男性。和服と漬け物をこよなく愛するナイスガイだ。一方、女性は颯爽としたスーツ姿に身をまとい、愛読書はTIMEだ。この二人がデートをすると女性は男性を頼りないと思うかも知れない。なにせ、女性の視点はグローバルだ。古き良き日本を大事にする男性の「こだわり」は、最初は楽しいかもしれないが、いずれ女性は男を捨てるだろう。なるほど、東男に京女という組み合わせは極めて理にかなっている。

 しかし、渋谷の街などを歩いていると、この法則もそろそろ古くなってきている感がある。もう、賢明な読者は気づいていると思うが、上記考察は、全て、女性が男性についていく、男性が女性を引っ張っていく、という暗黙の前提が存在する。男性は船頭として女性よりも高い視点、広い視野を持っていることが「うまくいく条件」なのである。この前提の限りに置いて、東男と京女は極めて相性の良い組み合わせになるだろう。 

 一方、渋谷を歩いていると、男性も女性もなくなっている気がする。男性は極めて女性的になっているし、女性も男性的になっている。典型的なメタファーは、TBCの宣伝だ。TBCの宣伝にはベッカム夫妻が登場するが、東男と京女という感じは全くしない。どちらも気が強そうで、美しさに対するこだわりは天下一品。二人で買い物に出かけたら、家具を選ぶときに喧嘩をしそうな勢いだ。(昔はインテリアは女性が決めていて、男性はクレジットカードを差し出すだけ、という感じだった)

 マーケティング的に言うと、性別という切り分けで物事を判断できなくなってきたと言えるかもしれない。むしろ、ライフスタイルという軸で男も女も一色単になってきた。だから、同じライフスタイル、価値観を共有しているのであれば相手が男性でも女性でもいいわけだ。女性しか持っていなかった美しさは今では男性も持っている。男性しか持っていなかった力強さだって、最近の女性は持っている。相手が男性である、または、女性である理由が無くなってきたとも言える。ホモやレズが生まれるメカニズムはこんなところからも説明できるのかもしれない。
[PR]
by fri2005 | 2005-05-03 12:59 | その他いろいろ